地域社会

『みんなの尼崎大学』

投稿日:2017年10月7日

大学に入学しました!
 
2017年10月7日 入学式でした。
 
その名は『みんなの尼崎大学』
特定の学舎はなく、教授もいません。
 
 
みんなが先生、みんなが生徒、どこでも教室。
まちに、まなびを、まきおこす!
『学び』をテーマにしたまちづくりがコンセプトの尼崎のまち全体を大学に見立てて、楽しみながら、学びを広げるための全員参加型の大学です。
 
入学式会場のひと咲きタワーの『あまがさき・ひと咲きプラザ』は満員の入学生で溢れていました。
 
学生を代表して、稲村和美 尼崎市長が挨拶されました。
 
その後、行われた分科会は『尼崎市立公民館』についてに参加、関わらせていただいている大庄公民館の事例も紹介していただけました。
 
 
学ぶこと、教えること、参加することにより、尼崎のこと、地域のこと、さまざまな活動のことを理解でき、さらに関心がわきます。
 
学びを通じて、さまざまな課題をみんなで解決できる まちづくりを願い入学させていただきました。
 
いつでも、誰でも、どこでも入学できます。
 
同期の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!
 
入学祝いに尼崎特産『尼いも』をいただきました。
ありがとうございました!

-地域社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

一日中『ミーツ ザ 福祉』

    実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。 子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。 てんやわんやしながらも …

企業と環境NPOの協働セミナー

企業と環境NPOの協働セミナー。 地域の課題が多様化複雑化している中、行政だけでは課題解決が難しくなってきているように思います。 そこで協働という言葉をよく聞くようになりました。 協働が大切なことはわ …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …