地域社会

『みんなの尼崎大学』

投稿日:2017年10月7日

大学に入学しました!
 
2017年10月7日 入学式でした。
 
その名は『みんなの尼崎大学』
特定の学舎はなく、教授もいません。
 
 
みんなが先生、みんなが生徒、どこでも教室。
まちに、まなびを、まきおこす!
『学び』をテーマにしたまちづくりがコンセプトの尼崎のまち全体を大学に見立てて、楽しみながら、学びを広げるための全員参加型の大学です。
 
入学式会場のひと咲きタワーの『あまがさき・ひと咲きプラザ』は満員の入学生で溢れていました。
 
学生を代表して、稲村和美 尼崎市長が挨拶されました。
 
その後、行われた分科会は『尼崎市立公民館』についてに参加、関わらせていただいている大庄公民館の事例も紹介していただけました。
 
 
学ぶこと、教えること、参加することにより、尼崎のこと、地域のこと、さまざまな活動のことを理解でき、さらに関心がわきます。
 
学びを通じて、さまざまな課題をみんなで解決できる まちづくりを願い入学させていただきました。
 
いつでも、誰でも、どこでも入学できます。
 
同期の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!
 
入学祝いに尼崎特産『尼いも』をいただきました。
ありがとうございました!

-地域社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

高校内居場所カフェの実践

上を向いて

地域で暮らす人の幸福とは? 影響を受けた本が今日届きました。 尼崎市立中央図書館の蔵書の一冊です。 『47都道府県幸福度ランキング』 調査対象42中核市の中で尼崎市の幸福度は41番目。 上がるしかない …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

『地域食堂・みそ・しょうゆ』 食べものを巡る一日

金楽寺にある喜楽苑地域ケアセンターあんしん24にて毎月第3日曜日に開催される地域食堂『まあるい食卓』のお手伝い。 こだわった食材で、ゆったりとしながらも手際よく食卓が仕上がっていきます。 優しい雰囲気 …