格差 教育 その他

『教育・子育て支援シンポジウム 〜 子ども達の選択肢を増やすには 〜 』に参加

投稿日:2017年9月30日

 
 
午後から、阪神尼崎駅前、NPO法人シンフォニーさん主催『教育・子育て支援シンポジウム 〜 子ども達の選択肢を増やすには 〜 』に参加しました。
 
多様性が叫ばれているのに画一な教育現場、そこから弾かれたり、経済格差が広がる中、いろんな教育の形、教育の質、教育環境により、子どもの未来が変わり、ひいては日本の未来が変わると思えました。
 
 
 
夜の予定が事情により変わり、小田地区会館へ、
ギリギリ間に合ったような、間に合わなかったタイミングで、近くの公園で二次会。
 
政治に熱いおっちゃん達に囲まれて、ご挨拶。
がんばれよ!って激励。
地べたに座って、楽しく話せました。
今度はもっとゆっくり話し合いたいと思いました。
 
そして最後は会派の幹事長に誘われて市役所近くにある『グループハウス』の周年記念祭。
なんだか居心地のいい空間でした。
 
二胡の音色を聴きながら、グループハウスの歴史やここに関わる方々と交流できました。
こんな近くに、こんな場があったなんて。
子ども食堂やいろんな取り組みをされているので、ちょくちょく寄ってみたいと思いました。
 
それぞれ、濃い内容だったため、機会があれば個々にお伝えしたいと思います。
 
ご縁に導かれ、いろいろとつながった1日となりました。
 
ありがとうございました!

-格差, 教育 その他
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

憲法を考える  ~党派越えて~

昨日は立憲民主党の宣伝カーに乗りました。   宝塚では共産党の方々が兵庫第6選挙区の桜井シュウさん(立憲民主党)の名を連呼していました。   先ほどまで、ミナセン尼崎『市民と野党の対話集会』に参加して …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

高校内居場所カフェの実践

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …