地域社会

飯田市への職員派遣について

投稿日:2017年9月28日

新しい形の尼崎市議会決算特別委員会。
総務分科会を午前中に傍聴させていただきました。
 
前年の決算特別委員会を知らないため、比較はできませんが、各常任委員会が予算、進捗、決算のPDCAをチェック.審議することはとてもいいことだと思います。
 
今日審議されたことの中で、飯田市に職員を派遣していることに対し賛否両論がありました。
 
飯田市は公民館を中心にした住民自治の仕組みが根付いています。
 
配属された職員を地域が育てるような風土があります。
 
地域の事情に精通し、地域と近い関係、お互いに本音で意見を言い合える関係なのではないのかな?
 
『お前がそこまで言うのなら協力するわ。』みたいな関係が築けているのではないかと思っています。
 
飯田市に半年に2名ずつ6名の職員を派遣する計画です。
 
今、期待の若手職員がすでに派遣されています。
11月には帰ってくる予定です。
 
話しを聞いてみたい!
そう思いました。
 
地域の核となる人材となるように、地域、行政、議会を含めバックアップする雰囲気づくりの必要性を感じました。

-地域社会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

地域の元気を公民館から創る

尼崎市から長野県飯田市に約半年、派遣研修に行っていた、桂山さんと前阪さんが帰ってきました! その話をどうしても聞きたくて、上坂部の西正寺さんに。 飯田市の公民館は日本一元気な公民館だと言われています。 …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …

一日中『ミーツ ザ 福祉』

    実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。 子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。 てんやわんやしながらも …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …