地域社会 市民向け議会報告会

amaわんだーグラウン土

投稿日:2017年9月23日

 
 
昨年は大庄おもしろ広場で開催された『地べたフェス』の実行委員会が、今年は小田南公園で『amaわんだーグラウン土』を開催。
 
メッセージ性のある音にふれながら。
 
その中の企画、野外での『気になるネットNEWS』に参加させていただきました。
 
市議会議員にさせていただいて、3ヶ月、議会についての解釈が間違っているかもしれないのですが、今思っていることを話させていただきました。
 
さっそく、こんなコメントをいただきました。
 
ama わんだーらん土でのお話、ありがとうございましたm(__)m
尼崎市の現状や問題を、直接、市議員さんに聞いたのは初めてでした。
やはり、行政や政治に興味を持つには、直接議員さんと話すことかな🎵と感じました。
市民と話す機会が増えたらいいですね☺
山崎さん、頑張って下さい\(^o^)/
 
本日は本当にありがとうございました。市民と議会が対話を重ねて納得性の高い行政を実現していこう!そう改めて感じさせて頂きました。
 
とても、とても、とても、うれしく思いました。
 
利害を超えて、
聞いてくれている人がいる。
見ててくれている人がいる。
 
それを実感できることが議員を育てることにつながるのではないかと思いました。
対話すること、話せる機会を増やすことで変わる何かがあるように思えました。
 
不思議と縁のある人に多く出会えました。
 
あなたに一票を入れましたと言う方に、初めて会うたびに市民の代表としての自覚が増します。
 
私に投票いただいた2509人の方の想いを裏切らないこと。
 
より良い尼崎を、なんやかんやゆうても大好きな尼崎のために意味ある4年間にしたいとの想いが募ります。
 
心地よい、ゆったりとした時間が流れました。
 
すべての出会いに感謝します。
ありがとうございます!

-地域社会, 市民向け議会報告会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

まちの課題解決に取り組む大学

園田学園女子大学・まちづくり解剖学 テーマはまちの課題解決に取り組む大学。 ①ポートランド州立大学のCBL(Community Based Learning)実践研修報告 ②COC(Center Of …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

企業と環境NPOの協働セミナー

企業と環境NPOの協働セミナー。 地域の課題が多様化複雑化している中、行政だけでは課題解決が難しくなってきているように思います。 そこで協働という言葉をよく聞くようになりました。 協働が大切なことはわ …