学校給食

尼崎市議会文教常任委員会を傍聴

投稿日:2017年9月21日

本日、尼崎市議会文教常任委員会を傍聴させていただきました。
 
中学校給食について陳情が上がっていましたので、ほぼそれについての議論が展開されました。
 
陳情者も多く傍聴に来られていました。
 
所管常任委員会においても、各実施方式のコスト比較はなされないまま素案まで待ての姿勢に疑問を感じました。
 
誰のための中学校給食なのか?
それならば子ども議会を招集して、その議論を参考にしたらいいのではないかと思いました。
 
中学校給食を実施するなら、ちゃっちゃとすれば感満載のような感じがします。
 
小村議員によると中学校17校中、自校調理方式が難しいのは6校だとのこと。
 
一番早期実現が可能なのは、小学校の調理室を利用した親子方式だと思います。
コストも最小限に抑えられると思います。
 
給食センター予定地の土壌汚染も気になります。
伊丹市の給食センター予定地は土壌汚染の影響で建設計画に遅れが生じました。
 
小村議員が提言したランニングコストよりランニングクオリティという言葉が耳に残りました。
 
明日は私の所属する経済環境市民常任委員会。
争点は少ないような感じがしますが、聞きたいことを聞いていきたいと思います。

-学校給食
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …

『尼崎市中学校給食基本計画』についての出前講座

『尼崎市中学校給食基本計画』についての出前講座におじゃましました。 中学校給食を考える西園田地域の会さん主催で、尼崎市教育委員会中学校給食担当の職員の方々との意見交換を含めての会合でした。 双方、質の …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

大庄北中学校育友会主催『中学校給食の出前講座』

大庄北中学校育友会主催『中学校給食の出前講座』に呼んでいただきました。 実は大庄北中は娘の母校、再び入れて懐かしい! 教育委員会中学校担当課の皆さまには丁寧に説明いただきました。 そもそも、尼崎市中学 …

中学校給食 パブリックコメント募集

尼崎市議会所属会派『緑のかけはし』で中核市 奈良市の中学校給食を視察してきました。   今、尼崎市では中学校給食の実施を検討しています。   給食方式には、中学校内で調理する『自校方式』、近隣の小学校 …