食・農業

『フードポリシー カウンシル』

投稿日:2017年9月17日

9月の第3日曜日、関わっていた事柄が台風の影響ですべて中止になりました。
 
予測不能な状況でのリスク回避。
自然を相手に判断することの難しさを感じました。状況に対する想像力、判断力が防災にもつながると実感しました。
周辺では、何事もなかったことに感謝します。
 
まだ穏やかな朝、風で吹き飛ばされる前にJR立花駅周辺の美化活動から。
 
午後からは『食と農の未来会議 〜市民の力でトランジション(転換)を起こすには〜』には参加することができました。
 
フードポリシー カウンシル(FPC)の存在を知ることができました。
 
『フードポリシー カウンシル』は食料政策協議会と訳されるのでしょうか?あまりピンとこないので、『食と農の未来会議』という言葉で表現されていました。
 
食や農に関しては、生産、流通、消費、廃棄の循環の中で、健康、教育、環境、社会保障などなど多岐にわたってつながりのある課題ながら、縦割りというか、バラバラに考えられることが多いように思います。
 
食をめぐる地域のすべての問題を産官学で連携して考え、課題解決を試みる組織として、可能性を感じました。
 
北米では行政も巻き込んだ動きになっています。
 
京都で立ち上がりつつあるこの動きに注目していきたいと思っています。
 

-食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

no image

「種子の知的所有権が奪われる」

「種子の知的所有権が奪われる」 【シェア大歓迎】   モンサント社がなぜバイエルの買収に応じたか。   事は複雑である。だが、種子支配という観点から見れば、実にシンプルになる。   世界の農業を牛耳る …

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …

no image

ほっとひと息の一日

嵐の前の雨。 あるはずの大切な予定がなくなってしまいました。   が、毎月第3土曜日朝は『大庄ことはじめかいぎ』 大庄公民館を舞台にやりたいことをみんなで育てるコミュニティです。   昨年から大庄公民 …

初一般質問  テーマは『中学校給食について』

  【はい議長!18番!】   私の議会での背番号は18番です。   定例会議において、質問をするのも、しないのも自由です。 議員にとって一般質問は大切な仕事だと思っていますので、これから4年間、毎回 …