食・農業

『フードポリシー カウンシル』

投稿日:2017年9月17日

9月の第3日曜日、関わっていた事柄が台風の影響ですべて中止になりました。
 
予測不能な状況でのリスク回避。
自然を相手に判断することの難しさを感じました。状況に対する想像力、判断力が防災にもつながると実感しました。
周辺では、何事もなかったことに感謝します。
 
まだ穏やかな朝、風で吹き飛ばされる前にJR立花駅周辺の美化活動から。
 
午後からは『食と農の未来会議 〜市民の力でトランジション(転換)を起こすには〜』には参加することができました。
 
フードポリシー カウンシル(FPC)の存在を知ることができました。
 
『フードポリシー カウンシル』は食料政策協議会と訳されるのでしょうか?あまりピンとこないので、『食と農の未来会議』という言葉で表現されていました。
 
食や農に関しては、生産、流通、消費、廃棄の循環の中で、健康、教育、環境、社会保障などなど多岐にわたってつながりのある課題ながら、縦割りというか、バラバラに考えられることが多いように思います。
 
食をめぐる地域のすべての問題を産官学で連携して考え、課題解決を試みる組織として、可能性を感じました。
 
北米では行政も巻き込んだ動きになっています。
 
京都で立ち上がりつつあるこの動きに注目していきたいと思っています。
 

-食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

食 day

      『まあるい食卓』   みんなでクッキング! コロッケをみんなで作りました。     尼崎の三大在来種『田能いも』を守り育てていらっしゃる『自然と文化の森協会』さんの収穫祭。 田能いもがたっ …

地域食堂『まあるい食卓』

地域食堂『まあるい食卓』のブログを書かせていただきました。   http://blog.goo.ne.jp/maaruisyokutaku/e/f0ff070449dcdb3c6d9228e4b686 …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …

NPO法人兵庫県健康管理士会の健康講座『ガン患者が家族にいるということ』

  NPO法人兵庫県健康管理士会の健康講座『ガン患者が家族にいるということ』   http://kencoh.com/   恩人のひとりである、松浦茂子さんが健康管理士会としては、最後の講演をされると …