食・農業

「種子の知的所有権が奪われる」

投稿日:2017年9月16日

「種子の知的所有権が奪われる」
【シェア大歓迎】
 
モンサント社がなぜバイエルの買収に応じたか。
 
事は複雑である。だが、種子支配という観点から見れば、実にシンプルになる。
 
世界の農業を牛耳るのは、今やほとんどがバイオテクノロジー企業だ。シンジェンタ、ダウ・ケミカル、モンサント、バイエル、デュポン。この五社は、多くの種子会社を吸収または経営統合し、種子の知的所有権を得てきた。その中でも、モンサント社が手にする種子は世界でも最も多い。
 
実は、デュポンとダウ・ケミカルは経営統合し、中国化工集団がシンジェンタを買収する動きが起き、それが承認されようとする中で、世界でのシェアを維持するために、モンサントはバイエルの買収を受け入れた。
 
モンサントは世界でも悪の枢軸と評され、既にシェア拡大は頭打ち状態であるため、世界で種子、農薬、肥料を支配し、さらには流通、販売まで支配するためには、その名前が障壁になると考えた節がある。
 
今、世界では種子の知的所有権が、どんどん種子会社の手に陥り、多くの農民が種子の再生産、つまり自家採種が禁止され始めている。それでも、途上国においてはその動きは阻止されてきた。多くの農民が自家採種を基本としてきたからだ。
 
だが、先進国では、既に自家採種をやめてしまった国が多い。もちろん日本もほとんどの場合、種は購入するものとなっている。世界のバイオテクノロジー企業はそこに付け入り、日本から完全に自家採種の権利を奪おう考えているのだ。
 
日本でも、バイオテクノロジー企業のロビー団体であるBIOが、UPOV条約批准の義務付けを要求し続けている。この条約は、我々自家採種農民から見ると悪魔の条約とも言えるもので、ほとんどの種子の知的所有権を種子企業のものにするという、とんでもない要求なのである。
 
途上国では抵抗されるこの要求が、むしろ先進国では、種子への知的所有権意識が薄いために、簡単に通ってしまう可能性がある。その口火を切ったのが、先日廃止された、「主要穀物種子法」である。
 
これにより、米、麦、大豆の知的所有権は県からバイオテクノロジー企業に移り、企業は、種子の知的所有権を主張し、一切の自家採種を禁止し、さらには自家採種した米などが、知的所有権を侵害している可能性を主張することで、流通までも監視、管理しようと企んでいる。
 
この動きのためには、モンサントの名前が障害となる可能性があり、モンサントは買収を受け入れたと考えられる。いやはや、なんとも恐ろしい話なのである。
 
やがて、日本では自家採種が完全に禁止される可能性が出てきた。既にモンサントは、日本国内において、知的所有権を保有するお米の種子を配布し始めており、そのお米を栽培する農家までが現れた。
 
そのお米の種子を購入するときには、長い契約書にサインを求められる。その契約書には、自家採種を禁止し、万が一違反した場合、損害賠償請求を起こすと書かれている。つまり農民魂を悪魔に売り渡す契約書なのである。
 
日本人よ、日本の農民よ、そして自然農や自然栽培をする農民よ、早く気づいて欲しい。事は極めて深刻なのである。
 
※追記:自家採種による自給農園の必要性を強く感じます。僕はその普及を目的に活動しています。
 
—–
○無肥料栽培セミナー by 岡本よりたか
 
○著書 無肥料栽培を実現する本
 
○著書 野菜は小さい方を選びなさい
 
◯著書 不自然な食べものはいらない

-食・農業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

農業✖️福祉

  奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。   ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。   今日は雑草に …

『てんこもり物産展inあまがさき』初日

『てんこもり物産展inあまがさき』   うまいもんといろいろと出会えました!   明日も9時30分〜15時まで、阪神尼崎駅前で開催です。   関連

no image

ほっとひと息の一日

嵐の前の雨。 あるはずの大切な予定がなくなってしまいました。   が、毎月第3土曜日朝は『大庄ことはじめかいぎ』 大庄公民館を舞台にやりたいことをみんなで育てるコミュニティです。   昨年から大庄公民 …

中学校給食 パブリックコメント募集

尼崎市議会所属会派『緑のかけはし』で中核市 奈良市の中学校給食を視察してきました。   今、尼崎市では中学校給食の実施を検討しています。   給食方式には、中学校内で調理する『自校方式』、近隣の小学校 …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …