議会 その他

決算予算の審査方法が変わります。

投稿日:2017年9月8日

9月尼崎市議会定例会から決算予算の審査方法が変わります。
 
今までは決算は決算、予算は予算。
前年度を施策や事業を審査する決算特別委員会、進捗を審査する常任委員会、次年度の予算を審査する決算特別委員会、とそれぞれに別のメンバーで4年間で1回づつ審査していたのを、各常任委員会のメンバーが予算、進捗、決算を単年ごとに審査する方式に変わりました。
 
総合計画を推進するための施策評価の審査が重要になるため、会派ごとに施策評価を中心にした決算勉強会を用意していただき、重点施策を中心に説明を受けました。
 
自分の担当常任委員会『経済環境市民委員会』に関する施策について、しっかりと審査できるようにがんばってまいります。
 
常任委員会、決算特別委員会についても、全て傍聴できます。
 
よろしければ、見に来てください。

-議会 その他
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『尼崎市手話言語条例』可決

尼崎市議会第3回定例会、全ての審議を終了しました。 各常任委員会に付託された議案、総合計画についての審査の概要と結果が報告されました。 その中で本日『尼崎市手話言語条例』が全会一致で可決されました。 …

資産公開制度について

議会運営委員会を傍聴させていただきました。 来週月曜日の本会議最終日の議案の採決対応について。 個人として、議案第114号『市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正』に対しての …

平成30年度議案説明

第4回尼崎市議会定例会が近づいてきました。 本日は定例会に提出される予定案件58件及び平成30年度主要事業、予算の概要について約4時間説明を受けました。 しっかりと読み込みこんで、準備します。 関連

公民連携と指定管理制度

公民連携と指定管理者制度 〜行政改革の中心課題として〜 東洋大学客員教授 南学氏に学びました。 指定管理者制度については丸投げ感を感じていましたが、その背景や先進事例を学び、ただ単なる経費削減ではなく …

ぜひ見に来てください! 尼崎市議会

    京都市議会の中吊り広告を発見。     尼崎市議会も開催が間近となりました。 日程を後日お知らせさせていただきますので、ぜひ見に来てください。 関連