地域社会

尼崎市防災総合訓練

投稿日:2017年9月1日

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。
 
平成29年8月31日(木)9時50分。
紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチュード9.1の南海トラフ巨大地震が発生。
瀬戸内海沿岸に大津波警報が発表され、尼崎市は震度6強の地震により、道路の通行障害、通信の途絶、電気、ガス、水道施設等に相当の被害が発生、各地で家屋が倒壊、火災が多発、負傷者、避難者が続出し被害が拡大していることを想定した訓練です。
 
44団体723名、車両63台、ヘリコプター1機、巡視船1艇が参加した大規模訓練でした。
 
 
 
 
阪神大震災のことを思い出しつつ、懸命に手際よく進む訓練を見て、連携の重要性、地域防災力の蓄積の大切さを感じました。
 
訓練ながら、地域の消防団が土嚢を積む姿、インフラを支えている方々、人命救助に関わっている方々、防災に関心のあるボランティアの方々などなど通常業務とは別の非常時における役割分担とみんなで助け合い地域を守る姿勢に感銘を受けました。

-地域社会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

飯田市への職員派遣について

新しい形の尼崎市議会決算特別委員会。 総務分科会を午前中に傍聴させていただきました。   前年の決算特別委員会を知らないため、比較はできませんが、各常任委員会が予算、進捗、決算のPDCAをチェック.審 …

給食センターを考える

  給食センターの画像を見て、すごいなと思う反面、違和感を感じました。   子どもたちの給食を作る場所というより、食品工場なのではないのかと。   持続可能な社会を考える上で、何があっても生きていくた …

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

『みんなの尼崎大学』

大学に入学しました!   2017年10月7日 入学式でした。   その名は『みんなの尼崎大学』 特定の学舎はなく、教授もいません。     みんなが先生、みんなが生徒、どこでも教室。 まちに、まなび …

行政視察二日目 静岡県富士市

  久しぶりにきれいな富士山をのぞみました。    尼崎市経済環境市民委員会、行政視察二日目。   静岡県富士市を訪問しました。 テーマは地域の力こぶ増進計画に基づく取り組みについて。       富 …