地域社会 市民向け議会報告会

開かれた議会

投稿日:2017年8月27日

本日はJR立花駅周辺の美化活動からスタート。
 
その後、宝塚へ。
毎日見てませんが道の状態が違うと実感。
 
宝塚市議会第6回意見交換会に朝10時〜16時まで傍聴させていただきました。
 
議会が主体として、常任委員会ごとに市政について市民の意見を聞く機会を宝塚市議会は設けています。
 
総務常任委員会はLGBT支援や性的マイノリティーの人権、教育について。
宝塚ガーデンフィールズ跡地の活用、文化芸術施設、庭園整備事業、老朽化が進む公共施設の最適化について。
 
文教生活常任委員会は、市立身体障がい者支援センター条例と指定管理者が行う業務概要について。
 
産業建設常任委員会は、西谷地区にある自然の家の活用及び地域の活性化。
生活道路整備について。
 
意見交換がなされました。
 
議会の役割の一つが行政のチェック機能。
議会として市民のニーズを聞く機会は必要だと思いました。
 
行政の計画は往々にして絵に描いた餅になりがちです。
前向きな意見、提言から、予算の優先順位、切実な願い、地域活性化策など、しっかりと調べて発言されていることに感銘を受けました。
 
『もっと現場を見てほしい!』
この言葉が耳に残りました。
 
尼崎市も宝塚市も多くの課題を抱えているのは共通ながら、開かれた議会という点では雲泥の差があると感じました。
 
生まれ育った街のたそがれにコンサート。
第40回武庫川たそがれコンサートに行かせていただきました。
 
40年右葉曲折いろんなことがありながらも続いている地元のコンサートです。
 
廃校になった啓明中学校から意志をついだ大庄中学校が務めます。
 
大好きな武庫川の夕べに素敵なメロディが響きます。
知らないうちに多くの観客で溢れていました。
地域と中学校の繋がりを見ました。
これを見て吹奏楽をめざす小学生がいるのかもしれないなと思いました。
 
これからもずっと続いてほしいと願います。
 
お招きいただきまして、ありがとうございました。

-地域社会, 市民向け議会報告会
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

地域食堂『まあるい食卓』

創設メンバーではないながら、できるだけ行ける日はボランティア参加させていただいています。 子どもの貧困率が6人に1人というデータが示された時に、どうゆう事?見えないところで何が起こっているのだろう? …

『子ども食堂』の今in尼崎

居場所ってなんだろう?って思うことがあります。 安心できる、安全地帯なのかもしれません。 それが地域ぐるみで実現できることが理想です。 いまは点であっても、それがつながることが大切だと思っています。 …

まちの課題解決に取り組む大学

園田学園女子大学・まちづくり解剖学 テーマはまちの課題解決に取り組む大学。 ①ポートランド州立大学のCBL(Community Based Learning)実践研修報告 ②COC(Center Of …

尼崎市防災総合訓練

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。   平成29年8月31日(木)9時50分。 紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチ …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …