福祉 食・農業

農業✖️福祉

投稿日:2017年8月22日

 
奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。
 
ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。
 
今日は雑草に埋もれた今注目の薬草『大和当帰』とネギの救出作業。
 
様々な虫やカエルの宝庫でした。
 
夏の手作業による草取りはとっても大変ですが、みんなですると比較的作業がすすみます。
 
いろいろと課題はあるものの、『農業✖️福祉』の農園として注目していきたいと思います。

-福祉, 食・農業
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …

尼崎教育フェスティバル2017 教育講演会

いっしょに生きる 楽しく生きる。 〜だれもが地域で豊かにくらすために〜   『尼崎教育フェスティバル2017』の教育講演会で、川崎市自閉症協会代表理事 明石洋子さんのお話を伺いました。   『苦労があ …

餅つき大会

  今朝もJR立花にて、トングマン。 いっぱい落ちてました! そののち、 社会福祉法人あま〜ちさんで餅つき大会。   子どもも、障がい者も、みんな餅をつく。 おそるおそるつく子、おもいっきり …

学校給食に「田能のさといも」

うれしいお知らせをいただきました。   『学校給食に田能のさといも』   消滅寸前だった尼崎の伝統野菜『田能のさといも』が一部の小学校ですが、学校給食に初めて提供されました!   存在は知っていたにも …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …