エネルギー 環境

神戸市灘区 建設予定 石炭火力発電所

投稿日:2017年8月20日

神戸市灘区に建設を予定されている石炭火力発電所について。
 
気候ネットワークの山本氏による、『市民が読み解く、神戸製鋼所大規模石炭火力発電所設置計画環境影響評価準備書 』に参加、後ろを振り向くと兵庫県議の丸尾牧さんが座っていました。
 
読むのが困難な膨大な量の資料をわかりやすく解説していただけました。
 
論点としては5つ。
 
*神戸市灘区は大型石炭火力発電所の適地か?
 
住宅地から400mの場所、1km以内には保育所、幼稚園、小学校、中学校や病院などが立地しています。
 
*公害被害地域において、大気汚染物質の大幅に増加することをどう考えるか?
NOxについて、年間約700t増えるとも予測されています。
 
*大気汚染対策は国内最高レベルのものといえるのか?
神奈川県磯子の発電所と比べて、硫黄酸化物を3割、窒素酸化物を5割も多く排出すると予想されます。
また、PM2.5の排出の影響は対象外。
 
*水銀などの重金属の総排出量を明らかにし、リスク管理をすべきでは?
317万tにも及ぶ石炭の年間使用量、石炭含有濃度から算定される重金属類の年間総排出量の記載はなく、環境中の濃度の予測のみの記載になっている。
 
*水銀の大排出源である石炭火力を建設することは、水俣条約の趣旨に合致しないのでは?
水銀については、水俣条約が発効され来年から排出量削減を目指して規制が始まります。
準備書では水銀の26.1%が煙突から直接排出されるとあります。
 
*国、県の温暖化対策目標との整合性は?私たちの節電の努力が無意味になってしまうのでは?
新発電所が1年間に排出するCO₂は1945万台の家庭用エアコンを1年間を通じて止めた量と同じです。
 
以上の疑問の残る計画を急いで進めています。
急ぐ理由があるのでしょうか?
 
とうとう8月24日までに提出できる『意見書』が市民が声を上げる最後の機会になってしまいました。
 
 
 
風向きのため、尼崎を含め広範囲に影響が出る問題です。
 
『意見書』が声を上げる最後の機会です。

-エネルギー, 環境
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

視察

所属している経済環境市民委員会で尼崎市立クリーンセンター第2工場と資源リサイクルセンターを視察させていただきました。 主力の第2工場のゴミ焼却能力は480t/24h。 焼却熱を利用した蒸気発電能力は1 …

原発からみる民主主義

原発からみる民主主義。 原発をめぐるヨーロッパ各国の事例について学ぶ連続講座。 最終回はフランス。 『フランス、もう一つの原子力国家ー国家主導の果てに』と題して、佐賀大学の畑山敏夫教授のお話を伺いまし …

no image

持続可能な食スタイルとは何か?

  緑の党ひょうごの交流会で食と環境の関係を追ったドキュメンタリー映画『カウスピラシー』を観ることができました。 題名のCowsPiracy(カウスピラシー)はCow(牛)とConspira …