福祉

あまがさきし地域福祉計画

投稿日:2017年8月18日

いつもありがとうございます!
委員をさせていただいている『尼崎市社会保障審議会地域福祉専門分科会』の会議でした。
本年度から始まった尼崎市の『あまがさきし地域福祉計画』の点検、評価についてと、さらに連携をする必要から開始年度を合わせた尼崎市社会福祉協議会の『地域福祉推進計画』が議題でした。
尼崎市は町内会(自治会)=社協  という全国でも珍しい自治会組織になっています。
その長所短所はあるものの、これからのまちづくりにおいて地域福祉の重要度はますます高まっていきます。
少子高齢化、単身世帯の増加、価値観が多様化するなか、地域社会で人と人の繋がりが弱くなり孤立化し、それがために地域福祉課題は多様化、複雑化、深刻化しています。
縦割りではなく、横断的な協力体制が急務です。
今、策定中の『尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画(素案)』にも地域福祉課題の解決を目的にした施策が色濃く反映されています。
尼崎市総合計画がめざす『ありたいまち』
1.人が育ち、互いに支えあうまち。
2.健康、安全・安心を実感できるまち。
3.地域の資源を活かし、活力が生まれるまち。
4.次の世代によりよい明日をつないでいくまち。
尼崎市『あまがさきし地域福祉計画』基本理念
『誰もがその人らしく安心して暮らせる地域福祉社会の実現を目指して』
尼崎市社会福祉協議会『地域福祉推進計画』基本理念
『みんなで支えあい、助け合う地域づくりをすすめます』
どれもこれも実現していきたい目標です。
しかし実現するには、もっとシンプルな計画とみんなに知ってもらえる工夫が必要で、みんなの理解と協力なくしては、ただ良くできた計画になってしまうと感じました。
8月28日(月)まで、これからの尼崎市の最上位計画『尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画(素案)』に対するご意見(パブリックコメント)を募集しています。
パブリックコメントとは?
2018年〜2022年の尼崎市の羅針盤的な計画になるかどうか?は、どれだけの方が知っているかにかかっているように思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画(素案)

-福祉
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ミーツ ザ 福祉の振り返り会

    毎年、開催されている『福祉の集い』というイベントが今年はガラッとリニューアルしました。   来年につなげるために振り返り。   良かったこと、反省点、改善点を出し合いました。   基本、楽しか …

一日中『ミーツ ザ 福祉』

    実行委員会の体験チームに参加させていただき、『運動会をしよう』のお手伝い。 子どもたち、大人たちや障がいを持った方がチームを組んでのリレーなど、助け合いながらの運動会。 てんやわんやしながらも …

やさしい手話講座

    やさしい手話講座、園田地区会館におじゃましました。   手話にも園田地区会館にも関心があり、昨日たまたま知ることとなり、参加させていただきました。   優しいと、易しいの表現が違うことを、あた …

『子ども食堂』の今in尼崎 及び 尼崎農業祭!

おはようございます☀   朝、JR立花駅周辺でトングマン。   今日も佳き一日でありますように。       尼崎フォーラム 子ども食堂と共生の街づくり 『子ども食堂』の今in尼崎   パネラーの端っ …

no image

施設の管理・運用手法

ファシリティマネジメント。 不動産(土地、建物、構築物、設備など)すべてを経営にとって最適な状態(コスト最小、効果最大)で保有し、運営し、維持するための総合的な管理手法と定義され、企業や官公庁、営利・ …