福祉

あまがさきし地域福祉計画

投稿日:2017年8月18日

いつもありがとうございます!
委員をさせていただいている『尼崎市社会保障審議会地域福祉専門分科会』の会議でした。
本年度から始まった尼崎市の『あまがさきし地域福祉計画』の点検、評価についてと、さらに連携をする必要から開始年度を合わせた尼崎市社会福祉協議会の『地域福祉推進計画』が議題でした。
尼崎市は町内会(自治会)=社協  という全国でも珍しい自治会組織になっています。
その長所短所はあるものの、これからのまちづくりにおいて地域福祉の重要度はますます高まっていきます。
少子高齢化、単身世帯の増加、価値観が多様化するなか、地域社会で人と人の繋がりが弱くなり孤立化し、それがために地域福祉課題は多様化、複雑化、深刻化しています。
縦割りではなく、横断的な協力体制が急務です。
今、策定中の『尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画(素案)』にも地域福祉課題の解決を目的にした施策が色濃く反映されています。
尼崎市総合計画がめざす『ありたいまち』
1.人が育ち、互いに支えあうまち。
2.健康、安全・安心を実感できるまち。
3.地域の資源を活かし、活力が生まれるまち。
4.次の世代によりよい明日をつないでいくまち。
尼崎市『あまがさきし地域福祉計画』基本理念
『誰もがその人らしく安心して暮らせる地域福祉社会の実現を目指して』
尼崎市社会福祉協議会『地域福祉推進計画』基本理念
『みんなで支えあい、助け合う地域づくりをすすめます』
どれもこれも実現していきたい目標です。
しかし実現するには、もっとシンプルな計画とみんなに知ってもらえる工夫が必要で、みんなの理解と協力なくしては、ただ良くできた計画になってしまうと感じました。
8月28日(月)まで、これからの尼崎市の最上位計画『尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画(素案)』に対するご意見(パブリックコメント)を募集しています。
パブリックコメントとは?
2018年〜2022年の尼崎市の羅針盤的な計画になるかどうか?は、どれだけの方が知っているかにかかっているように思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画(素案)

-福祉
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

no image

農業✖️福祉

  奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。   ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。   今日は雑草に …

ミーツ ザ 福祉の振り返り会

    毎年、開催されている『福祉の集い』というイベントが今年はガラッとリニューアルしました。   来年につなげるために振り返り。   良かったこと、反省点、改善点を出し合いました。   基本、楽しか …