未分類

楠公飯

投稿日:2017年8月11日

 

『この世界の片隅に』をやっと観に行くことができました。

食べることも一つのテーマだったように感じました。

そこで登場した、戦時中の節米食『楠公飯』

籠城するため楠木正成公が考案したといわれる米のかさを増すための炊飯法。

諸説ありますが、

まず玄米を煎る。

するとポン菓子みたいにふくれる。

それを鍋に移して、通常の3倍量ぐらいの水につけて一晩おく。

それを翌日、普通に炊くと出来上がり。

お米を普通に炊くより、2倍増しになった感じらしい。

映画では作り方までは美味しそうにえがかれてましたが、食べた人の表情は微妙でした。

試食させていただきました。

今、作ると不味くは作れないのか?昔のご飯が美味しかったのか?

美味しくはないけど、不味くはありません。

それよりもいかに主食を大切にしていたのかが分かります。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

気候変動適応法

気候変動適応法案が2月20日に閣議決定されました。 http://www.env.go.jp/press/105165-print.html みんなで考える『温暖化からひょうごを守る適応策』in尼崎『 …

no image

審議会初参加

本日、審議会(尼崎市男女共同参画審議会)に初参加しました。 尼崎市では昭和49年に尼崎市立勤労婦人センターを設置しました。その当時非常に新鮮なことだったと先輩議員の須田さんに聞きました。平成5年に尼崎 …

no image

あまがさきサマーセミナーin双星高校 

「まちに、まなびを、まきおこす」 みんなが先生、みんなが生徒。 あまがさきサマーセミナーin双星高校でした。 1日があっという間に過ぎて、心地よい疲労感がきもちいい。 朝礼から五時限目までずっと参加さ …

『大庄ことはじめかいぎ』

私の唯一の地域の居場所? 『大庄ことはじめかいぎ』 飯田市から帰ってきた桂山さんの元気な姿と林檎に元気づけられました。 その想いを応援したいと心底思いました! 来年に向けて、ワクワクできるつながりがで …

私のほっとスポット

僕のほっとスポット(ほっとする場所)のひとつ、《まあるい食卓》です。 いわゆる子ども食堂ですが、何も子どもだけが集う場所ではありません。 もちろん「子どもの孤食」という社会問題ともいうべき事柄への民間 …