未分類

楠公飯

投稿日:2017年8月11日

 

『この世界の片隅に』をやっと観に行くことができました。

食べることも一つのテーマだったように感じました。

そこで登場した、戦時中の節米食『楠公飯』

籠城するため楠木正成公が考案したといわれる米のかさを増すための炊飯法。

諸説ありますが、

まず玄米を煎る。

するとポン菓子みたいにふくれる。

それを鍋に移して、通常の3倍量ぐらいの水につけて一晩おく。

それを翌日、普通に炊くと出来上がり。

お米を普通に炊くより、2倍増しになった感じらしい。

映画では作り方までは美味しそうにえがかれてましたが、食べた人の表情は微妙でした。

試食させていただきました。

今、作ると不味くは作れないのか?昔のご飯が美味しかったのか?

美味しくはないけど、不味くはありません。

それよりもいかに主食を大切にしていたのかが分かります。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

大庄公民館 『ことはじめかいぎ』

毎週恒例のJR立花駅周辺の美化活動に参加。 いたるところに落ちていました。     その後、大庄公民館での『ことはじめかいぎ』 今回で12回目の開催です。 どなたでも参加できる地域のかいぎです。 毎月 …

『大庄ことはじめかいぎ』

私の唯一の地域の居場所? 『大庄ことはじめかいぎ』 飯田市から帰ってきた桂山さんの元気な姿と林檎に元気づけられました。 その想いを応援したいと心底思いました! 来年に向けて、ワクワクできるつながりがで …

no image

明日から仕事はじめ

  日本の官公庁では行政機関の休日に関する法律(昭和63年12月13日、法律第91号)により、12月29日から1月3日までを休日として定めており、1月4日を御用始めとして、その年の最初の業務 …

no image

あまがさきサマーセミナーin双星高校 

「まちに、まなびを、まきおこす」 みんなが先生、みんなが生徒。 あまがさきサマーセミナーin双星高校でした。 1日があっという間に過ぎて、心地よい疲労感がきもちいい。 朝礼から五時限目までずっと参加さ …

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』 パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行 …