未分類

『この世界の片隅に』 観ました

投稿日:2017年8月11日

山の日、JR立花駅でいつもの美化活動。

その後、観に行きたくとも行けなかった『この世界の片隅に』を観にいきました。

72年前、戦争が終わるか終わらないかの時期にこの映画を観ることができました。

日常から非日常へ、そしてそれが日常へ。それが終わることによる喪失感。

それでも生きるために暮らす、食べることの尊さを感じました。

悲しさを乗り越えて今、この国が成り立っていることを決して忘れてはいけない、一人では乗り越えられない壁をみんなで乗り越えてきたきたことを知ることによって、地域社会を見直すきっかけになると思わされる映画でした。

人は人を殺すためになんでそこまで残虐な兵器を開発できるのだろうか?

誰のために、何のために戦争が起こるのだろうか?

普通の暮らしから考えさせられる映画でした。

今よりゴミの少ない時代から見ると今の現状はどう映るのでしょうか?

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎城

用事があり、快晴の武庫川。 昔に比べあきらかに明るく澄み渡っています。 市役所に帰ると、築城中の尼崎城の模型が一足先に完成していました。 江戸時代に代々譜代大名が守る尼崎城は水陸両用で最新鋭の防御力を …

『尼崎市政策推進会議』を傍聴

市長、副市長、教育長、各局長で構成されている『尼崎市政策推進会議』を傍聴しました。   今日のテーマは『尼崎市総合計画 後期まちづくり基本計画』(素案)に対する市民意見公募手続きの結果について。   …

no image

経済格差

現代の格差は大変大きな問題で、簡単に解決できる方策を打ち出すことはなかなか困難に思われます。だけれども、できること、やるべきことはいくらでもあるのではないでしょうか? セーフティネットの確立、拡充とい …

たまには歩いてみるもんです

  移動支援で浜田町から阪神甲子園球場まで徒歩で往復しました。 ちょっとヘトヘトになりましたが、歩くと違った景色に出会います。   ずいぶん昔に行ったことのある店。 貧しい頭と書いて『貧頭(ヒンズー) …

no image

大庄まつり

大庄まつりにご招待いただきました。   尼崎市は、尼崎町、小田村、立花村、武庫村、大庄村、園田村、6つの町村が集まり成り立った歴史があり、今でも地区名として残っています。 土地のDNAが残っています。 …

PREV
尼崎城
NEXT
楠公飯