未分類

『この世界の片隅に』 観ました

投稿日:2017年8月11日

山の日、JR立花駅でいつもの美化活動。

その後、観に行きたくとも行けなかった『この世界の片隅に』を観にいきました。

72年前、戦争が終わるか終わらないかの時期にこの映画を観ることができました。

日常から非日常へ、そしてそれが日常へ。それが終わることによる喪失感。

それでも生きるために暮らす、食べることの尊さを感じました。

悲しさを乗り越えて今、この国が成り立っていることを決して忘れてはいけない、一人では乗り越えられない壁をみんなで乗り越えてきたきたことを知ることによって、地域社会を見直すきっかけになると思わされる映画でした。

人は人を殺すためになんでそこまで残虐な兵器を開発できるのだろうか?

誰のために、何のために戦争が起こるのだろうか?

普通の暮らしから考えさせられる映画でした。

今よりゴミの少ない時代から見ると今の現状はどう映るのでしょうか?

-未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎市戦没者追悼式

    朝、なんかいまいち晴れない気分と裏腹に、妙に眩しい太陽が上がっていました。   嵐と選挙、様々な影響と被害を受けました。 心からお見舞いを申し上げます。   今日は尼崎市戦没者追悼式。献花を捧 …

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』 パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行 …

no image

楠公飯

  『この世界の片隅に』をやっと観に行くことができました。 食べることも一つのテーマだったように感じました。 そこで登場した、戦時中の節米食『楠公飯』 籠城するため楠木正成公が考案したといわ …

マネジメント

12月15日、たまたま実家によると、父の命日でした。 父は当時、阪急ブレーブスファンでありながら、西武の広岡監督を評価していました。 管理野球。 その考えが理解できず、前半は真逆な道を選んだように思い …

no image

経済格差

現代の格差は大変大きな問題で、簡単に解決できる方策を打ち出すことはなかなか困難に思われます。だけれども、できること、やるべきことはいくらでもあるのではないでしょうか? セーフティネットの確立、拡充とい …

PREV
尼崎城
NEXT
楠公飯