未分類

『この世界の片隅に』 観ました

投稿日:2017年8月11日

山の日、JR立花駅でいつもの美化活動。

その後、観に行きたくとも行けなかった『この世界の片隅に』を観にいきました。

72年前、戦争が終わるか終わらないかの時期にこの映画を観ることができました。

日常から非日常へ、そしてそれが日常へ。それが終わることによる喪失感。

それでも生きるために暮らす、食べることの尊さを感じました。

悲しさを乗り越えて今、この国が成り立っていることを決して忘れてはいけない、一人では乗り越えられない壁をみんなで乗り越えてきたきたことを知ることによって、地域社会を見直すきっかけになると思わされる映画でした。

人は人を殺すためになんでそこまで残虐な兵器を開発できるのだろうか?

誰のために、何のために戦争が起こるのだろうか?

普通の暮らしから考えさせられる映画でした。

今よりゴミの少ない時代から見ると今の現状はどう映るのでしょうか?

-未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』 パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行 …

緑の党ひょうご共同代表

緑の党ひょうごの共同代表に選出していただきました。 社会的に公正で持続可能な社会を創る。 緑の党の基本理念や政策を一度ご覧いただけませんか? … http://greens.gr.jp/ …

マネジメント

12月15日、たまたま実家によると、父の命日でした。 父は当時、阪急ブレーブスファンでありながら、西武の広岡監督を評価していました。 管理野球。 その考えが理解できず、前半は真逆な道を選んだように思い …

『大庄ことはじめかいぎ』

私の唯一の地域の居場所? 『大庄ことはじめかいぎ』 飯田市から帰ってきた桂山さんの元気な姿と林檎に元気づけられました。 その想いを応援したいと心底思いました! 来年に向けて、ワクワクできるつながりがで …

自治政策講座『いろいろな視点から考える自治体政策』二日目

  自治政策講座『いろいろな視点から考える自治体政策』二日目。   予算と決算にどう向き合うか ー政策に強い議会をつくるー  磯崎初仁 中央大学教授のお話を伺いました。   予算と決算の審査は議員の大 …

PREV
尼崎城
NEXT
楠公飯