未分類

『この世界の片隅に』 観ました

投稿日:2017年8月11日

山の日、JR立花駅でいつもの美化活動。

その後、観に行きたくとも行けなかった『この世界の片隅に』を観にいきました。

72年前、戦争が終わるか終わらないかの時期にこの映画を観ることができました。

日常から非日常へ、そしてそれが日常へ。それが終わることによる喪失感。

それでも生きるために暮らす、食べることの尊さを感じました。

悲しさを乗り越えて今、この国が成り立っていることを決して忘れてはいけない、一人では乗り越えられない壁をみんなで乗り越えてきたきたことを知ることによって、地域社会を見直すきっかけになると思わされる映画でした。

人は人を殺すためになんでそこまで残虐な兵器を開発できるのだろうか?

誰のために、何のために戦争が起こるのだろうか?

普通の暮らしから考えさせられる映画でした。

今よりゴミの少ない時代から見ると今の現状はどう映るのでしょうか?

-未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

まあるい食卓にて

本日は、《まあるい食卓》を訪れ、スタッフの方々とほっとする時間を共有しました。 仕事に忙殺される日々のなか、ここに来ると心と体が和みます。 スタッフの皆さんに感謝! 私の顔、おもいっきり緩んでますね。 …

気候変動適応法

気候変動適応法案が2月20日に閣議決定されました。 http://www.env.go.jp/press/105165-print.html みんなで考える『温暖化からひょうごを守る適応策』in尼崎『 …

no image

大庄まつり

大庄まつりにご招待いただきました。   尼崎市は、尼崎町、小田村、立花村、武庫村、大庄村、園田村、6つの町村が集まり成り立った歴史があり、今でも地区名として残っています。 土地のDNAが残っています。 …

課題山積み

    12月の尼崎市議会定例会が間近に迫り、市民まつりやDV対策基本計画(素案)、小田地域振興センター、補正予算など、協議会案件。   尼崎市企業立地促進制度や工場緑化など、経済環境市民常任委員会に …

マネジメント

12月15日、たまたま実家によると、父の命日でした。 父は当時、阪急ブレーブスファンでありながら、西武の広岡監督を評価していました。 管理野球。 その考えが理解できず、前半は真逆な道を選んだように思い …

PREV
尼崎城
NEXT
楠公飯