未分類

土地の記憶

投稿日:2017年8月3日

今朝は、【あまがさき環境オープンカレッジ】 に参加
阪急塚口駅南側周辺の美化活動をしました。
みんなで拾うと量が違います。

昼は大庄公民館  市民大学『崇徳天皇と尼崎 〜土地の記憶を伝承すること〜』に参加しました。

尼崎は交通の要所だったため、都から遠国に流された貴人が休息された記録が残ります。

崇徳天皇もその一人。

尼崎の村人が精一杯おもてなしをした記録があり、今でも松原神社では毎年その様子を再現した行事がとりおこなわれています。

無念さゆえに、平将門公、菅原道真公とならび、三大怨霊と呼ばれた崇徳天皇。

尼崎で少しは和まれたのではないだろうか?と思いました。

たまたま隣に座られた宮田さんというおじいさんにも、貴重な話をいろいろと伺うことができました。

土地の記憶を伝承するということは、とても大切なことだと思います。

-未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

尼崎市決算特別委員会

明日から尼崎市決算特別委員会が開催されます。   以前もお伝えしましたが、9月尼崎市議会定例会から決算予算の審査方法が変わります。   尼崎市議会では、初めての試みとなります。 各受け持ちの委員会ごと …

自治政策講座『いろいろな視点から考える自治体政策』二日目

  自治政策講座『いろいろな視点から考える自治体政策』二日目。   予算と決算にどう向き合うか ー政策に強い議会をつくるー  磯崎初仁 中央大学教授のお話を伺いました。   予算と決算の審査は議員の大 …

no image

楠公飯

  『この世界の片隅に』をやっと観に行くことができました。 食べることも一つのテーマだったように感じました。 そこで登場した、戦時中の節米食『楠公飯』 籠城するため楠木正成公が考案したといわ …

みんな元気になれたら

食への関心が高い方なら誰でも知っている若杉ばあちゃんとのツーショット。 若杉ばあちゃんこと若杉友子さんは、食養においては特に薬草料理の研究、伝道に携わられ、又、日本の気候風土に根差した知恵を多くの方に …

ちょっと気になりました

  今、建設が進む、母校『尼崎市立わかば西小学校』   東側の門が多くの自動車が出入りする自動車整備工場に隣接しています。   安全性を担保されているのでしょうか? 関連