未分類

土地の記憶

投稿日:2017年8月3日

今朝は、【あまがさき環境オープンカレッジ】 に参加
阪急塚口駅南側周辺の美化活動をしました。
みんなで拾うと量が違います。

昼は大庄公民館  市民大学『崇徳天皇と尼崎 〜土地の記憶を伝承すること〜』に参加しました。

尼崎は交通の要所だったため、都から遠国に流された貴人が休息された記録が残ります。

崇徳天皇もその一人。

尼崎の村人が精一杯おもてなしをした記録があり、今でも松原神社では毎年その様子を再現した行事がとりおこなわれています。

無念さゆえに、平将門公、菅原道真公とならび、三大怨霊と呼ばれた崇徳天皇。

尼崎で少しは和まれたのではないだろうか?と思いました。

たまたま隣に座られた宮田さんというおじいさんにも、貴重な話をいろいろと伺うことができました。

土地の記憶を伝承するということは、とても大切なことだと思います。

-未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

私のほっとスポット

僕のほっとスポット(ほっとする場所)のひとつ、《まあるい食卓》です。 いわゆる子ども食堂ですが、何も子どもだけが集う場所ではありません。 もちろん「子どもの孤食」という社会問題ともいうべき事柄への民間 …

気候変動適応法

気候変動適応法案が2月20日に閣議決定されました。 http://www.env.go.jp/press/105165-print.html みんなで考える『温暖化からひょうごを守る適応策』in尼崎『 …

マネジメント

12月15日、たまたま実家によると、父の命日でした。 父は当時、阪急ブレーブスファンでありながら、西武の広岡監督を評価していました。 管理野球。 その考えが理解できず、前半は真逆な道を選んだように思い …

ちょっと気になりました

  今、建設が進む、母校『尼崎市立わかば西小学校』   東側の門が多くの自動車が出入りする自動車整備工場に隣接しています。   安全性を担保されているのでしょうか? 関連

課題山積み

    12月の尼崎市議会定例会が間近に迫り、市民まつりやDV対策基本計画(素案)、小田地域振興センター、補正予算など、協議会案件。   尼崎市企業立地促進制度や工場緑化など、経済環境市民常任委員会に …