地域社会

フクシマの現状に触れて思うこと

投稿日:2017年7月31日

いつもありがとうございます!

本日は、【さいなら原発 尼崎住民の会】が主催の『いわき市から兵庫へ 〜避難者のリアル〜』に参加させていただきました。

3.11後、福島県いわき市より兵庫に避難された方の話が衝撃的でただ単なる自然災害でない複雑さを知りました。

あれから6年、情報が少なくなってきた中、フクシマで何が起こっているのか、避難先でどんな扱いを受けたのか、実際体験をされた方の話は真実を越えて心に届きます。

原発のあるところにたまたま地震が襲ったという話ではなく、その後の人間模様に恐ろしさを感じました。

口をつぐむ地元の方。

避難先から情報を発信している方。

市民同士の対立分断が起こっています。

避難者と在住者。

在住者は避難者を逃げた人と非難する。

子どもの中でも、避難者は地元で友達だった同級生と会ってももらえない。

裏切りもの扱い。

避難者間でも、避難を正当化するためにフクシマの現状を過大に発言する方もいて分断がある。

いわき市では、元からの住民と強制避難されてきた方の間で分断。

病院が混んでいると、お金を払わない人(強制避難のため医療費免除)のせいで、お金を払う人が後回しされていると言われ、家を建てると賠償御殿と落書きされたりする。

フクシマは大きく分けて、浜通り、中通り、会津。

浜通りの方は東電と関係が無い人がいないのではないかと言われる地。

中通り、会津の方はあいつらのせいでと対立分断。

避難者は避難先で不当に差別されたりする。

社会と経済の狭間で県民が分断される様を聞き、原発以上の恐ろしさを感じるとともに、情報に惑わされず、自分で考え行動する力を身につける必要を感じました。

そして、自分たちで制御できないもの、責任を取れないものは推進してはいけないと強く思いました。

全国各地で、無かったことにされないために声を上げている方々がいます。

少しでも耳を傾けていただければ幸いです。

-地域社会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

『子ども食堂』の今in尼崎

今、尼崎市内には30ヶ所以上の『子ども食堂』『地域食堂』が運営されています。 でもそれぞれ、どんな人がどんな食堂をされているのか?わからなかったりします。 尼崎でがんばっている『いこいこ!庵』『まある …

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

いろいろな視点から考える自治体政策 初日

  いろいろな視点から考える自治体政策に参加しました。   『子どもの豊かな暮らしを創る   総合的な子育て支援』森田明美 東洋大学社会学部教授。   生きる意欲を創るのが福祉。   ・主体的に暮らす …

『地域食堂・みそ・しょうゆ』 食べものを巡る一日

金楽寺にある喜楽苑地域ケアセンターあんしん24にて毎月第3日曜日に開催される地域食堂『まあるい食卓』のお手伝い。 こだわった食材で、ゆったりとしながらも手際よく食卓が仕上がっていきます。 優しい雰囲気 …

まちの課題解決に取り組む大学

園田学園女子大学・まちづくり解剖学 テーマはまちの課題解決に取り組む大学。 ①ポートランド州立大学のCBL(Community Based Learning)実践研修報告 ②COC(Center Of …