地域社会

フクシマの現状に触れて思うこと

投稿日:2017年7月31日

いつもありがとうございます!

本日は、【さいなら原発 尼崎住民の会】が主催の『いわき市から兵庫へ 〜避難者のリアル〜』に参加させていただきました。

3.11後、福島県いわき市より兵庫に避難された方の話が衝撃的でただ単なる自然災害でない複雑さを知りました。

あれから6年、情報が少なくなってきた中、フクシマで何が起こっているのか、避難先でどんな扱いを受けたのか、実際体験をされた方の話は真実を越えて心に届きます。

原発のあるところにたまたま地震が襲ったという話ではなく、その後の人間模様に恐ろしさを感じました。

口をつぐむ地元の方。

避難先から情報を発信している方。

市民同士の対立分断が起こっています。

避難者と在住者。

在住者は避難者を逃げた人と非難する。

子どもの中でも、避難者は地元で友達だった同級生と会ってももらえない。

裏切りもの扱い。

避難者間でも、避難を正当化するためにフクシマの現状を過大に発言する方もいて分断がある。

いわき市では、元からの住民と強制避難されてきた方の間で分断。

病院が混んでいると、お金を払わない人(強制避難のため医療費免除)のせいで、お金を払う人が後回しされていると言われ、家を建てると賠償御殿と落書きされたりする。

フクシマは大きく分けて、浜通り、中通り、会津。

浜通りの方は東電と関係が無い人がいないのではないかと言われる地。

中通り、会津の方はあいつらのせいでと対立分断。

避難者は避難先で不当に差別されたりする。

社会と経済の狭間で県民が分断される様を聞き、原発以上の恐ろしさを感じるとともに、情報に惑わされず、自分で考え行動する力を身につける必要を感じました。

そして、自分たちで制御できないもの、責任を取れないものは推進してはいけないと強く思いました。

全国各地で、無かったことにされないために声を上げている方々がいます。

少しでも耳を傾けていただければ幸いです。

-地域社会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

共に生きる地域

    地域福祉政策(理論編) ①これからの福祉政策の方向性 ②政策立案の手法 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会理事長 瀬戸恒彦氏に伺いました。         福祉における地方自治体の役割は大 …

これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!

   食でつながるフェスタおおさか 〜これからの『こども食堂』『地域食堂』を考えよう!〜   子ども食堂や地域食堂を実践されている方、これから作ろうとしている方、自治体職員や社協の方、子ども食堂などに …

みんなで考えよう 中学校給食

もともと関心があったのですが、学校給食をこんなに考えたことはなかったように思います。   なぜならこれから10年後、50年後、100年後の尼崎の中学校給食のあり方が問われているからです。   尼崎市で …

尼崎市防災総合訓練

防災の日(9月1日)を前に、稲村市長を本部長とした『尼崎市防災総合訓練』が尼崎の100年の森で行われました。   平成29年8月31日(木)9時50分。 紀伊半島沖及び四国沖の海底を震源とするマグネチ …

やさしい手話講座2回目を受講 他

    朝、園田地区会館にて、手話サークル『ふれあい』さんの、やさしい手話講座2回目を受講。   聴覚障がいの方々を交えての講座。 手話一つ一つに意味があり、気持ちや表情も大切。   手話の世界では私 …