福祉

【食べる】ことの大切さ

投稿日:2017年7月31日

いつもありがとうございます!

喜楽苑にて、島袋さん、石本さんなどが活動されている【専門職のネットワークで最後まで口から食べられる街 尼崎】 主催の『学ぼう、伝えよう介護食、嚥下食』に参加させていただきました。

口から食べることは生きる意欲そのもの。

高齢者が病院などの入院から帰ってくると口がカピカピに乾き、口が動かなくなって、話せない状態になっているケースがあります。

食べることをただ栄養を摂ることと捉え日本では比較的すぐに胃に穴を開け、胃瘻を設置したりする。

「人」を「良」くすると書いて「食」という字になるとかつて教わりましたが、口から食べ物を食べることは、より良く、人間らしく生きることにつながります。

口を柔らかくすること、動かすことをケアすることにより、口元が動き言葉を発することができるようになった事例、舌が動くようになり、姿勢が安定するようになり、車椅子から椅子へ、そして自分でお箸を持って食べるまで回復した事例もあります。

味わうこと、最後まで口から食べることの大切さ。

それを支える多職種連携、地域食支援の重要性を学ばせていただきました。

ありがとうございました。

-福祉
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

「子どもの貧困」と「格差社会」

今日も長野で議員研修会。 午前中は分科会。 田川英信さんと大阪子どもの貧困アクショングループ NPO法人CPAOの徳丸ゆき子さんの『子どもの貧困と自治体のとりくみ』に参加させていただきました。   地 …

no image

農業✖️福祉

  奈良県高取町にある障がい者就労支援センター『ポルテの森』さんに視察と交流とお手伝いに行ってきました。   ポルテの森さんは就労継続支援B型として無農薬の農園を経営しておられます。   今日は雑草に …

no image

議員研修会 『貧困対策はどこに向かうのか』

  長野で議員研修会に参加しました。 題名は『貧困対策はどこに向かうのか』   誰もが自己肯定感を持てる社会をとは? よく考えるテーマです。 戦争と平和は対ですが、自由と平等は対なんだろうか?   参 …

ミーツ・ザ・福祉

    尼崎市では1982年より『市民福祉のつどい』というイベントが続いています。   今年は内容をリニューアルし、もっと素敵なものに、楽しいものに、よりつながれるものに、パワーアップして『ミーツ・ザ …

あまがさきし地域福祉計画

いつもありがとうございます! 委員をさせていただいている『尼崎市社会保障審議会地域福祉専門分科会』の会議でした。 本年度から始まった尼崎市の『あまがさきし地域福祉計画』の点検、評価についてと、さらに連 …