未分類

経済格差

投稿日:2017年2月3日

現代の格差は大変大きな問題で、簡単に解決できる方策を打ち出すことはなかなか困難に思われます。だけれども、できること、やるべきことはいくらでもあるのではないでしょうか?

セーフティネットの確立、拡充といった制度的なことも大切です。但しそういったことはやはり時間がかかるでしょうし、今、格差に喘いでいて切迫した状況にある方々はまったなしの状況ではないでしょうか。私が格差を目の当たりにして、危惧しているのは、心の退廃です。
「子ども食堂」には、様々な役割がありますが、主たる働きの一つは子どもの心が廃れていくのを防止していることだと思います。ならば、大人にも心の退廃の予防線となるような交流の場が、絶対に必要だと思います。昨今における格差は、かつてもてはやされた自己責任論のように片付けることはできません。地道にまじめに働いている多くの人の身の上にも降りかかる問題となった今、市民みんなで格差を考える時だと思います。その第一歩として、格差に直面している人たちが、退廃的にならず、前向きに強い心を維持していけるような仕組みづくりが急務と考えます。私は、人が無関心・無気力になることを全力で阻止しようと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ちょっと気になりました

  今、建設が進む、母校『尼崎市立わかば西小学校』   東側の門が多くの自動車が出入りする自動車整備工場に隣接しています。   安全性を担保されているのでしょうか? 関連

自然エネルギー100%に向かう世界と日本

『自然エネルギー100%に向かう世界と日本』 パリ協定が発効し、世界的に脱炭素社会や再生可能エネルギー100%をめざす動きになっています。日本でもエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行 …

no image

土地の記憶

今朝は、【あまがさき環境オープンカレッジ】 に参加。 阪急塚口駅南側周辺の美化活動をしました。 みんなで拾うと量が違います。 昼は大庄公民館  市民大学『崇徳天皇と尼崎 〜土地の記憶を伝承すること〜』 …

私のほっとスポット

僕のほっとスポット(ほっとする場所)のひとつ、《まあるい食卓》です。 いわゆる子ども食堂ですが、何も子どもだけが集う場所ではありません。 もちろん「子どもの孤食」という社会問題ともいうべき事柄への民間 …

まあるい食卓にて

本日は、《まあるい食卓》を訪れ、スタッフの方々とほっとする時間を共有しました。 仕事に忙殺される日々のなか、ここに来ると心と体が和みます。 スタッフの皆さんに感謝! 私の顔、おもいっきり緩んでますね。 …